HKハウス 西島の家

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

1台の床下エアコンで冬も快適な暖かさに包まれる家

HKハウス西島の家は、もともと平屋だった家から2階建てへの建替えとなりました。
建て替え前の家が暗かったというのが信じられないほどの明るさで、吹き抜けを設けることで広がりを感じられ、ダイニングにいながら古材梁の再利用で梁の存在感を楽しめます。
冬は1台の床下エアコンと全熱交換型の24時間換気を併用することで家じゅうが程よい暖かさに保たれます。
二世帯居住も可能で、ご自身と次の世代のことを充分吟味された間取りとなっています。

屋根は平板瓦葺きで、外壁はスーパーそとん壁W塗りです。庭が広いため、長いスロープのアプローチを設けました。玄関アプローチの手前には、門かつぎの松をうまく使い、スーパーそとん壁W塗りで仕上げた門柱が、和の雰囲気を引き立てます。
玄関を入ると左が和室、右がリビングへと入れます。

開放感のあるリビングは、吹抜けからの明かりと化粧梁が特徴的。
床材は無垢のさくらとカエデカバ、壁材はオガファーザーにチャフウォール塗り仕上げ、天井は土佐和紙貼り。吹き抜けに取り付けた化粧梁は、以前の家で使っていた丸太梁を磨きなおし、力強いアクセントになりました。
「HKハウス西島の家」の暖房は、床下に吹き込むよう設置した、壁掛けエアコン1台です。しかも3.6KW12帖用。
階段下のガラリの奥にエアコンを設置し、床下に暖気を送り込むことで床下を暖め、床材も暖まるため、床暖房のような効果があります。
また、全熱交換型の24時間換気を併用することで、建物全体へと暖気が行き渡り、エアコンによる温風の不快感がなく、家中がほんのり暖かく快適になります。

1階南東部分の日当たりのいい洋室には、無垢材を使ったワークスペースを設置。
和室には、床の間とお仏壇と押入れを設けました。
「お仏壇を北向きはいけない」とか「お仏壇の上に足を踏み入れる場所はいけない」などとも言われていますが、大切なのは毎日お参りしたくなる場所にすることです。ご先祖様に対しての供養の心と感謝の気持ちを持って、毎日お参りできるようなお仏壇の配置も考えた和室にしました。

玄関部分のリビング入口の格子戸やトイレに繋がる廊下部分の縦格子など、所々で和みのある木材を利用し、和の趣が感じられます。また、家相を考慮した間取りで、水廻りも鬼門を避けています。

こちらのお宅は訪問見学が可能です。

■ お施主様の声

Q.家を建てようと思われたきっかけは何でしたか?

住んでいた家が老朽化し、リフォームを検討していたのですが、散歩途中に日置建設さんの完成見学会に出会ったんです。新築の家を見て建て替えに気持ちが動きました。

Q.完成見学会をご覧になった感想は?

2月の寒い日でしたが、家の中は暖かく、住み心地がよさそうだと感じました。フローリングの色合いや白い壁もよかったですね。社長さんから構造のことや高気密・高断熱のこと、自然素材を使用した健康住宅であるなどの説明を受け、興味を持ちました。

Q.ご主人のこだわった部分はどこですか?

以前の家が薄暗かったので、明るい家にしたかったですね。法事のときなどにお坊さんに気兼ねなくお参りしていただけ、親戚とゆっくり話もできる和室も希望しました。

Q.打ち合わせはいかがでしたか?

完成見学会や構造見学会に10回以上参加し、現場を見ながら予算に合わせて色々提案してもらったので、納得できるプランになりました。特に窓の大きさや位置、種類などは、風通しや隣家との関係に配慮して、時間をかけて考えていただきました。気になる家相にも配慮してもらえてありがたかったです。

Q.施工中の思い出をお聞かせください。

地盤調査や基礎工事を始め、完成まで色々な調査・検査に立ち会わせてもらい、安心してお任せすることができました。専門的なことは無知だったので、勉強になり、いい経験でした。

Q.収納を心配されていましたが、いかがですか?

小屋裏に十分な収納スペースがあり、相当な量の荷物を収納することができました。換気もいいので安心して収納できます。大工さんに作り付けてもらった廊下の棚も、本や掃除用具を収納できて便利です。

Q.住み心地はいかがですか?

リビングが明るくて開放感があります。吹き抜けが寒いのでは?と心配でしたが、まったく大丈夫です。夏は風通しがよく、エアコンなしでも過ごせます。建て替え前の家より広くなったのに、光熱費は節約できて驚いています。はじめて孫が遊びに来たとき、明るくなった家の中を喜んで走り回っていました。そして部屋の中のどこででもゴロ寝をするんです。子供なりに断熱効果のよさや、無垢材・自然素材の気持ちよさを無意識に感じていたのではないかと思います。

■ インタビューを終えて(日置 尚文)

設計の打合せ段階から完成見学会、構造見学会にお越しいただき、たくさんの現場を見て良い部分を採用されたり、実寸法の確認をされて、工事にかかりました。工事期間中に現場で打ち合わせし、納得のいくご提案のもと、ご満足のいくご自宅が完成し、暮らしてからもご満足頂きありがとうございます。今後ともよろしくお願い致します。