HKハウス 北野の家

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

気密性・断熱性に優れた快適住宅

築35年のご実家を建替えたHKハウス北野の家。
「以前の家を知ってる人はみんな驚きますね。すごく明るくなったので。」と施主様。快適のポイントは、2階まで届く大きな吹き抜けです。上部の窓からの光がLDK全体に広がり、自然素材の空間を満たします
HKHKハウス北野の家は【長期優良住宅地域住宅ブランド化事業 ~京阪神地域木造高耐震住宅~】のコンセプトをもとに建築した家です。京阪神地域木造高耐震住宅は、京阪神木造協議会がつくる地域型住宅で、地域の気候や風土に合う住まいのあり方を具体的に提案し、ブランド化した住宅のことです。

南西面からの外観は、黒と白のツートンで、樋や破風、軒裏の色もこだわりました。

LDKは、吹き抜けからの光が満ちて「建替え前の家は真っ暗だった」というのが信じられないくらいの明るさになりました。床材は無垢のサクラ材で自然オイル仕上げ、つやのない奇麗なピンク色です。
「夏もベテベタせず、気持ちいいです。」 と奥様。
壁は、ドイツの自然素材紙の上から天然の塗り壁「チャフウォール」で仕上げました。対面キッチンで、リビング吹抜けから明るい光が入ってきます。

木製の造り付け玄関収納は、扉の一面をミラーに。壁一面にはエコカラットを貼りました。

階段をリビング内に設けた、家族が顔を合わせやすいプラン。階段下は、シンプルな扉を付けた収納スペースを確保しました。吹き抜け上部の窓からは「お月様が見えるよ!」とお子さん。
和室には、仏壇置き場と床の両サイドに収納スペースを設置。畳が映えるスッキリとしたお部屋に。

2階バルコニーは広めにとり、洗濯物を干しやすくしました。ホールには、室内干し用の器具も取り付け、雨の日や乾ききらないものを干すのにとても便利です。
杉板貼りの天井が温かな表情を醸し出しています。
洗面所にはたっぷりの収納スペースを確保。家事室、キッチンへと続く動線もスムーズです。

こちらのお宅は訪問見学が可能です。