HKハウス 小倉台の家

sla1
sla2
sla3
sla4
sla5
sla6
sla7
sla8
sla9
sla10
sla11
sla12
sla13
previous arrow
next arrow
sla1
sla2
sla3
sla4
sla5
sla6
sla7
sla8
sla9
sla10
sla11
sla12
sla13
previous arrow
next arrow

換気と素材にこだわった二世帯住宅

HKハウス小倉台の家は、兵庫県産木材を60%以上を使用し、1階半分が親世帯の2世帯住宅です。
お互いの生活ペースを配慮した設計となっており、特に使い勝手の良いデッドスペース利用の収納は必見。

直線的なデザインに、火山灰シラスが原料の「そとん壁」や正面にあしらった擬石、色を変えたバルコニーの木製フェンスが温もりを感じさせる外観です。

リビングにはおおらかな吹き抜けから光がたっぷり。
チャフウォールの白い塗り壁も明るさに貢献。床は美しい色目のサクラ材。
冬は、蓄熱暖房器の温もりが家じゅうに広がって心地いい。
将来に備えて1階の半分を親世帯として用意。壁を和紙貼りにして落ち着いた雰囲気に。
この家の特徴でもあるショコラ色のリビングデッキは、広々としていて開放感溢れる癒しのスペース。

LDKの一段高いスペースにピアノ置き場を設け、空間に変化をもたせました。
ダイニングには姉妹の勉強用のデスクも造り付け。
「キッチンに立って全部見渡せるのもいいですね」と奥さま。

子ども部屋には、使いやすいオープン収納を設置。ロフトやブランコも備えた楽しい部屋に。
音楽が趣味のご主人専用スペースも確保しました。

Q.家を建てようと思ったきっかけは何でしたか?

海外在住の経験があり、そのときに郊外の広い家に住む良さを実感しました。
2世帯住宅を建てることができるほどの、広い土地を見つけたことが家づくりのきっかけです。

Q.弊社をお知りになったきっかけは?

インターネットのホームページや、「兵庫の注文住宅」という雑誌で知りました。大手の住宅メーカーも見ましたが、地元の工務店の方が細かい希望に対応してくれるし、宣伝費をたくさんかけない分、リーズナブルだと考えました。

Q.弊社に決めていただいた「決め手」何でしたか?

「自然素材、家の基本性能、換気」にこだわり、希望に近い工務店を3社ほどピックアップして、プラン提案をお願いしました。その中で日置建設さんの提案が一番具体的だったんです。特に希望していた第1種換気と吹き抜けを提案に取り入れていただいたのも、決め手になりました。

Q.ご主人がこだわった部分はどこですか?

限られた面積の中で、いかに2世帯を区分けするか、という点です。(吸気も排気も機械で行う)第1種換気にもこだわりました。

Q.家づくりの感想はいかがですか?

図面でいろいろ計画していたことが、そのまま形になったのでうれしく思います。特にLDKとウッドデッキは期待通りで気に入っています。

Q.住み心地はいかがですか?

(ご主人)冬は氷点下になる寒冷地で、以前住んでいた家では家の中でも3℃程度だったのですが、今は13~14℃あります。夏は風通しがよくて涼しいですね。夏場に1週間留守にしたときも、帰宅したときに空気がこもらず、ひんやりしていて、換気の性能を実感しました。
(奥様)家事動線がとても快適です。キッチンに立ってリビングやダイニング、子どもたちの勉強スペースを全部見渡せるのもいいですね。

■ インタビューを終えて(日置 尚文)

当社の取り組みを評価していただき、選んでいただいたこと、誠にありがとうございます。神戸市北区と明石市とは気温が違うため、特に冬の快適性を実感いただけたのでよかったです。今後も、信頼に応えられるよう精一杯対応させていただきます。今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。