HKハウス 西野添Ⅱの家

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

無垢材にこだわった八寸角の大黒柱がある家

「しっかりした無垢材で家を建てたい!」とスタートした家づくり。
ひとつひとつカタチ・素材・仕上げについてお客様自身も丁寧に考えつくされたこだわりの家です。
HKハウスで、初めて構造材を無垢材に変えて耐震等級を最高の3とし、木の香りのする、大黒柱のある本物の自然素材のお宅が完成しました。
壁面後退1m、第一種低層住居専用地域のため、北側斜線がかなり厳く屋根の高さを抑えないといけなかったため、外観が確定するまでに階高、屋根形状、間取り等いろいろ検討しました。

リビングで存在感を放つ八寸角の大黒柱や、天井現した梁は徳島の木頭杉を使用。床は色合いが美しく、優しい肌触りの無垢のサクラ材です。
壁は、吸放湿性に優れた天然の塗り壁「チャフウォール」仕上げ。
大黒柱の裏には、奥さまが希望された奥行きの深い本棚を設置。格子の建具は杉材でつくったものです。大黒柱は、2階でも存在感たっぷり。階段の手摺も杉の無垢材を持ちやすく加工して取付け。
こども部屋には、使いやすいオープン棚とクローゼットを設け、ロールスクリーンで目隠しを。

玄関は石風の土間タイルでシックな雰囲気に。シンプルで大容量の靴箱を木で造りつけました。

洗面スペース横に、洗濯物等置ける場所を確保。パントリーとしても使用できます。
その奥にはキッチンスペースがあり、家事導線を考慮しました。さらに天井には、ホスクリーンという室内干しが可能な金物を設置。梅雨時期は、室内干しできるスペースが有効です。

■ お施主様の声

Q.家を建てようと思ったきっかけは何でしたか?

賃貸アパートの2階に住んでいましたが、子どもが成長するにつれ、下の階への気遣いや手狭さを感じるようになりました。中古住宅の購入も考えましたが、納得する物件に出会えず、子どもの学校のことやコストなど総合的に考えて、新築のほうがいいのではと思い始めたんです。

Q.弊社をお知りになったきっかけは?

インターネットで地元の工務店の情報を集めていて、日置建設さんを知りました。ちょうどその頃、お邪魔した知人の家の木の香りに感激し、子どもも「こんな家に住みたい」と言ったのですが、それが日置建設さんで建てられた家だったんです。びっくりしましたね。

Q.弊社に決めていただいた「決め手」何でしたか?

社長さんと打ち合わせを繰り返す中で、資材や施工方法だけでなく、建てた後の維持管理についても丁寧に説明していただき、信頼してお任せできると感じたのが大きな決め手です。

Q.ご主人がこだわった部分はどこですか。

以前の住まいが夏の暑さや冬の寒さが厳しかったので、断熱や気密をしっかりして年中過ごしやすい家にすること。将来を考えてテレビやインターネット、電話の配線を集中させること。何より、和風の雰囲気を取り入れることに一番こだわりました。リビングの化粧梁や外観など、現代和風の佇まいが気に入っています。

Q.住み心地はいかがですか?

木の温もりが感じられる落ち着いた空間に、大変満足しています。
活動線もよくて暮らしやすく、子どもが元気いっぱいすごせるのもよかったと思っています。夏は来客時以外はエアコンをつけずに過ごせ、外断熱効果の高さにびっくり。冬はエアコン1台だけで、どの部屋も暖かく過ごすことができています。
キッチンや洗面所などもリビングとの温度差がほとんどなくて、家事がはかどります。

■ インタビューを終えて(日置 尚文)

HKハウスで初めて構造材を徳島杉の無垢材に変えて耐震等級を最高の3とし、 木の香りのする、大黒柱のある自然素材のお宅が完成しました。
「自然素材の家」をキーワードに、当社の取り組みを評価していただき、誠にありがとうございます。
信頼に応えられるよう精一杯対応させていただきます。今後とも、よろしくお願いいたします。