BinO 松蔭の家

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

BinO松陰の家は、 スキップフロアでありながら、長期優良住宅という高い性能で、耐震性、断熱性、耐久性をしっかりと確保して、それに弊社のオリジナル住宅「HKハウス」とほぼ同じ自然素材の内装材(天井:和紙、壁:チャフウォール、床:無垢のパイン材)を使用しています。
シャープな片流れ屋根と、シンプルでモダンなフォルムで、すっきりスマートな外観。
スキップフロアと勾配天井による開放的な空間は、「縦」「横」「斜め」にゆるやかにつながり、家族みんなが心地よい距離感で、広々と開放的に暮らすことができます。
ウォークインクローゼット、シューズインクローゼットとスキップフロアによって生まれた空間を有効に活用。たっぷりの収納容量だけでなく、使いやすさにもこだわりました。
大工さんによるオリジナルのカップボードは、お施主様に合わせて作っているので、使い勝手やサイズもばっちり。

Q.家づくりのきっかけは何でしたか?

結婚当初から家を建てようと考えていました。
賃貸住宅で暮らすより、建てた方が財産として残せると思うので。

Q.弊社をお知りになったきっかけは?

私の父が日置社長と知り合いだったのですが、そもそも私はアレルギー体質で、体に優しい素材の家にしたいと思っていたので、日置建設さんの家はいいなと思ったんです。

Q.弊社に依頼していただく「決め手」になったのは何でしたか?

他社のモデルハウスも見学したのですが、塗料のニオイで気持ち悪くなって、こんなところには住めないなと思いました。日置建設さんの「健康住宅」というコンセプトに共感し、日置社長のお話にも納得して依頼を決めました。

Q.土地探しからのスタートでしたね。

はい、日置さんに土地も一緒に探してもらいましたが、建築条件なしの土地を探すのが大変でした。
この土地は予算より高かったので悩んでいたら、「規格住宅で家の費用を抑えることもできる」と、「BinO(ビーノ)」のモデルハウスを案内してくださいました。

Q.「BinO」のモデルハウスはいかがでしたか?

スキップフロアのプランが、広々感じられるので気に入りました。

Q.どのような点にこだわりましたか?

キッチンの壁面にキャビネットをオーダーして造作してもらいました。カップボードを買うよりイメージが揃っていいなと思ったので。
引き出しは指を詰めないようにゆっくり閉まるようにするなど、棟梁が上手につくってくれました。ニッチのついたカウンターも棟梁が考えてつくってくれたんですよ。

Q.住み心地はいかがですか?

(奥様)とてもいいです!広くて開放感があるし、妊娠中ものどかな気持ちで過ごせました。
冬はエアコン1台で大丈夫かなと思いましたが、とても暖かくて、遊びに来た両親は「日置さんに頼んで建て替えたい」と言っています(笑)。

(ご主人)夏もエアコンがよく効きますよ。LDKは2階だけどそんなに暑く感じません。
ウッドデッキでは日向ぼっこしたり、朝ご飯を食べるなど楽しんでいます。夏はデッキの下のテラスに大きなプールを置き、子どもと一緒に入って楽しみました(笑)。

インタビューを終えて 日置建設 代表 日置尚文

弊社が「BinO」と「FRREQ」のコンポーネント住宅(規格住宅)に取り組むきっかけが、N様の弊社に対するアプローチからでした。
今まで「HKハウス」という弊社オリジナルの「自然素材の健康住宅」だけでしたが、コストを抑えて弊社の仕様に変更できる規格住宅を模索していた矢先のところ、ラグビー部の先輩の娘様ご夫婦に満足いただける長期優良住宅で弊社のコンセプトに合った自然素材の家を提供できました。それが「BinO」の「WAVE」という建物です。
住み心地もよく喜んでいただけて良かったです。